×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 




『 日本映画祭 in フィレンツェ 』開催 ならびに『 ボランティアツアー 〜フィレンツェ着物日和〜 』
を実施します。

 今年11月27日(木)〜30日(月)にイタリアの世界遺産フィレンツェにて初の日本映画祭を開催する運びとなりました。元気ジャパンでは現地のNPO法人とかげ、みらいと協力し、映画祭の開催に向けて、一緒に準備をしてまいりました。日本映画の名作10本と日本文化を発信します。

 今回は日本の魅力をイタリアで発信するために、フィレンツェにて着物でボランティアツアーを実施する事といたしました。現地では、日本映画祭のお手伝いならびに、フィレンツェ市内を着物でそぞろ歩きし、日本の食文化や伝統文化を伝えるセレモニーを開催いたします。
 大変貴重な機会です、ぜひ奮ってお申し込み下さい。


 世界の文化都市イタリア・フィレンツェで日本文化を紹介しよう!
 『第一回フィレンツェ日本映画祭ボランティアツアー
  〜着物で日本映画、日本食、日本文化を伝える民間文化大使の旅〜

今回、開催される『第一回フィレンツェ日本映画祭ボランティアツアー』を武楽でも募集させて頂いております。

今年新設される日本映画祭inフィレンツェは、1000年前のサントステファノ教会を映画館に変貌させたイタリア初の日本映画祭です。日本の名作映画10本(おくりびと、つみきのいえ、フラガールなど)を上映する他、日本食紹介キャンペーンやイタリア文化人との交流会等も実施します。今回はこうした国際文化交流を民間人で推進するために、特別ボランティアツアーを実施します。また、現地で日本文化を伝えるには着物が一番です。今回のツアーでは、リサイクル着物チェーンたんす屋様のご協力により男女ともに着物を一本(下駄、帯、下着、小物、着付けセット)進呈させて頂きます。現地では、イタリア人や在伊日本人と共に着物でフィレンツェを街歩きする「フィレンツェ着物日和」を実施いたします。フィレンツェは、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなど数多くの偉人を輩出した世界的な文化都市です。会場は街の中心地である共和国広場やポンテベッキオ、ウッフィッツィ美術館から徒歩約2分の好立地です。トスカーナ州政府、フィレンツェ市、日本大使館の全面協力の元で開催される当催事の新設に際して、今回のツアー実施を通じて、今後の両国の文化交流がますます活性化してゆく事を期待しております。


期間: 11月26日(木)から12月2日(水)

場所: フィレンツェ市、サントステファノ教会

日程:11月26日(木) 成田空港→パリ→フィレンツェ
    11月27日(金) 「日本映画祭」のボランティア
              「フィレンツェ着物日和」開催
              日本食紹介キャンペーンのサポート
    11月28日(土) フリータイム ☆希望者はボランティア
    11月29日(日) フリータイム ☆希望者はボランティア
    11月30日(月) 「日本映画祭」最終日のボランティア
    12月 1日(火) フィレンツェ→パリ→成田空港
    12月 2日(水) 成田空港到着

予算: 渡航費、宿泊費、参加費込み ☆着物を一本ご進呈いたします

    「ホームステイパック」        14.5万円

    「ドミトリー4人部屋パック」     16.0万円    *ロケーションは共和国広場前を予定

    「個人ホテル手配パック」        19.5万円程度  *ご希望のホテルによって変わります

     ☆ホームステイ、ゲストハウス、ホテルの3種類からご選択下さい     *サーチャージ込
     ☆ローマ、ピサ、シエナ等へのツアーや、美術館巡り等もアレンジ可能です *別料金

申込: 参加者のお名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、性別、年齢、
    ホームステイの有無、着物のサイズ等を下記申込書にご記入の上、お申し込み下さい。
    後ほど旅行会社(Tutta Italia)よりご連絡を差し上げます。

申込書:こちらの申込書(エクセル)にご記入の上、下記メールアドレスに送付して下さい。  

締切: 10月 9日(金)17時 *着物の手配が必要な方(サイズや着物の柄などの指定が可能です)
    10月26日(月)17時 *着物の手配が必要な方(サイズ等は現地フィレンツェにて調整)
    11月 6日(金)17時 *着物の手配がない方

連絡先:
武楽事務局日本映画祭担当:村上 eigasai@bugaku.net 

     ☆ツアー内容が変更になる際は必ず事前にご連絡致しますので、ご安心下さい。
     ☆個人情報に関しましては厳重に管理いたしますので、ご安心下さい。


<企画の概要>

イタリアで日本文化に注目が集まっています。
能や歌舞伎などの古典芸能から、アニメや映画などポップカルチャーに至るまで総合的に日本文化に対する関心度が高まっています。

今回は、こうした日本文化を表現するために「日本映画祭inフィレンツェ2009」を実施いたします。
日本映画の黎明期の作品から最新の作品まで日本が世界に誇る名作の数々を上映し、日本とイタリアの文化交流を活性化したいと考えています。
フィレンツェを象徴する1000年前に建築されたサントステファノ教会を映画館に変貌させ、文化財に囲まれた中で日本映画を上映いたします。

また、日本へのインバウンド観光の振興につなげてゆくために、日本食紹介や着物を初めとした文化紹介などの付帯イベントも開催いたします。当日は日本からも民間文化交流ボランティアツアーを実施し、草の根文化外交を盛り上げてゆきます。


主催   ;  日本映画祭 in フィレンツェ実行委員会 
共催   ;  NPO法人とかげ、NPO法人みらい
後援   ;  外務省(在イタリア日本大使館)、ローマ文化会館、
        フィレンツェ市
特別協賛 ;  トスカーナ州政府
協力   ;  元気ジャパン、たんす屋
期間   ;  2009年 11月27日(金)~ 11月30日(月)
開催都市 ;  イタリア共和国 フィレンツェ市内
開催場所 ;  ペルゴラ劇場、サントステファノ教会、ガビネットビエッセ等


<付帯イベント1 「フィレンツェ着物日和」>
着物を着用し、フィレンツェ市内をそぞろ歩きいたします。日本文化の発信を着物を通じて実施いたします。

<付帯イベント2 「日本食フェア」>
日本レストラン協会と連携し、日本食の紹介を行います。「うまみ」を基調とした日本食の紹介や試食を行います。
『おくりびと』上映と合わせた山形物産展、インバウンド観光支援を行います。

<付帯イベント3 「ボランティアツアー」>
日本からのボランティアツアーを実施し、民間文化交流を推進します。


<上映予定映画>

『おくりびと』、『つみきのいえ』、『フラガール』、『となりのトトロ』、『マジックアワー』
『ブタがいた教室』、『アキレスと亀』、『釣りキチ三平』、『Shall we ダンス』、『めざましムービー』  *予定





会場について (フィレンツェ中心街の歴史ある教会を映画館に変貌させます)



オープニング会場(ペルゴラ劇場)

メイン会場(サントステファノ教会)




ガビネットビエッセ


共和国広場、ベッキオ橋



【お問い合せ】
武楽事務局日本映画祭担当 村上/山崎
eigasai@bugaku.net



 

 

 

 

Copyright(c) 2009 BUGAKUZA. All Rights Reserved.